All archives    Admin

2013'07.06 (Sat)

配牌

昨日ツイッターを眺めてると、気になるツイートがフォロワーさんから流れてきました。



私は麻雀はさわりぐらいしか解りませんが、これは非常に良い例えだと思ったのです。

配牌は、開始時にランダムに配られた牌。ツモは引いてきた牌で役が完成して上がる事。
麻雀は一手一手、その手持ちにある牌の中から上がれる可能性を読んで新たな牌を引き、いらない牌を棄て、役で上がるとその役に見合った得点がもらえます。

ロン、になるかツモ、になるかは偶然ではなく最善手の先に獲得するものなのかもしれません。

自分が上がるとは限りませんし今の棄て牌で誰かがのし上がるかもしれません。

最善手の権利すら、初期配牌から平等ではありません。しかし、人生は誰かが先に上がったら終わりと言う規定はございません。最善手を打ち続けられる権利は、平等でございます。

良い意味で考えさせられる記事でしたね。

ピンフ、タンヤオ、イーペーコー。

どれか一つ役が作れたらもうけもの。
スポンサーサイト
04:48  |  コラム  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yuruhuwa875.blog.fc2.com/tb.php/31-501cbec9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |