All archives    Admin

09月≪ 2020年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2018'09.30 (Sun)

オーストラリアに行ってきた~中編~

7月の23日から27日までオーストラリアに行ってきました。前回の続きになります。
ますが、まず私、喫煙者なのでオーストラリアの喫煙事情について触れたいと思います。

オーストラリアでの喫煙状況は厳しいと言えると思います。
まず、煙草屋さんで買うと一箱3000円ぐらいします。日本で買うと440円ぐらいですからざっと7倍です。
ライターは200円であまり差がありませんね。
入国の際に煙草は一人25本までです(日本の煙草は一箱20本です)ので、家族やパートナーが吸わない方の場合ですと20歳以上の方の人数×25本までは持ち込みが可能です。
私の場合は夫が吸わないので二箱持ち込みました。
しかし入国審査の時にそれも説明しなくてはいけませんよ。
そして喫煙環境ですが、基本的に吸ってはいけない所が明確になっています。

●食事をするテーブル(飲食店は完全禁煙)

駅の中や空港内、各店内はともかく実ははっきり言うとこれだけでなのです。
吸い殻入れなんかは町の随所にあったりします。
グレートバリアリーフの無人島内やキュランダ村の飲食する所以外なら吸ってよし。世界遺産なのに。ただし、吸い殻入れがない場合がありますので自分で携帯灰皿を持参してください。ポイ捨ては絶対ダメです。ので、案外煙草が高いぐらいで特にヘビースモーカーでなければ、日本より吸う場所は多いかもしれません。
吸ってはいけない場所が厳しいのであって、吸っていい場所は結構自由だったりします。


2日目
【フランクランド島ツアー】
グレートバリアリーフに浮かぶ無人島フランクランド島。
美しい珊瑚が生息しています。

このツアーを申し込む際に、まあお決まりのツアーなのですよ~と言われたものの、基本的にインドアな夫婦なので、
海でアクティビティ!!
と言われてもあまり乗り気がしない……。
ボートに乗ったり、シュノーケリングしたりとおおよそ我々の生活には乏しいものばかり。
爽やかに日焼けしたガイドさんたち。
でも一応だけど水着持ってきた。

冬でも水着になれるオーストラリア。
ああ、常夏のオーストラリア。

海、不安である。

オーストラリアから海に出るにはまず郊外に出て、船に乗って河に出ます。
海水と淡水がおりまじる河には、マングローブが生い茂りワニが生息しています。
結構、オーストラリアの河にはどこにでもワニがいます。牛とか水飲んでる時に食べられちゃうんだって。人も。
さながら熱帯ジャングルですよ。船内ではお茶とか、お菓子くれたりするので結構快適で楽しい。

河を下ると、いずれ海に出ます。ここでまず第一の不安が船酔いですよ。
そういや行きしのバス待ってる時にカップルや夫婦の方が酔い止め飲んだやら、なんやら話していた気がする。
この段階で結構きつい人にはきついらしく、トイレに駆け込む人が続出です。
でも大丈夫なんだって。
吐いたらゲロ袋ごと投げていいらしい。ゲロ袋、海藻でできているらしく自然由来。吐いたらその場で船から投げ捨ててよし。
なるほど、なかなか合理的である。ちょっと楽しそうでもある。でも日本人はほら、そういうの隠したがるから。

※船酔い対策
・前日はしっかり休んでおこう
・酔い止め持っていこう
・遠慮なく吐こう



きつい人にはきつい船、1時間くらいしたら美しい島に着きます。
サンゴ礁からできた浜辺ですから裸足で歩くと結構痛い(なぜか裸足で降り立つ夫)。
ここでのタイムスケジュールの説明を受けて、インストラクターの方が随時ついてくれるので安心です。
水着になるの何年ぶりなのかせっかくなので写真なんかも撮ったけど、我ながらスタイル悪くてびっくりした。
帰国したらちゃんとダイエットしような。な。
a1532741475139s- - コピー


【シュノーケリング】
シュノーケリングって知ってます?
私、知りませんでした(なぜか夫は知ってた)。簡単に言うと忍者の水遁の術なのだな。
足ひれつけて、筒つけて、海に顔つけるとあらキレイお魚さんやらたくさんいるよってなもんですが、これ、ちょっとコツがいりまして。
当然ですけど、口から息しないとダメでしょ?鼻じゃなくて。
子供やら若い子なんかは飲み込み早いので難なく出来るんですけども。
少しお年を召した方なんかだとコツがつかみにくいみたいで、いや、私もなんだけど、ぶふォ!!ボへッ!って海水を注入しちゃうんですよ。塩辛いよお。
意外とスイスイひれつけて泳ぐ夫。水が得意とは意外だ。初心者コースでも結構体力使います。泳ぐの得意な方とか。
体力ある方は一般コースが良いみたいです。

でもさすが、美しい珊瑚礁。
松田聖子ちゃんの青い珊瑚礁って歌あるじゃない。テレレレテレレレ♪テレレレレレレあ~~ってほんとそんな感じですよ。
でも砂浜にいるイモガイには気を付けてくださいね。踏んだら死にます。

その後は、海の底が見える半潜水艦に乗って(これが激ヤバに酔う)、亀が泳いでるのを見れたり。
アオウミガメが泳いでいるのですよ。わあああウミガメ、可愛いです。
しかしこれがものすごい酔う。なまじ下向いてるからすげー酔う。
相変わらずしれっと楽しむ夫、三半規管が異常に強いということを結婚5年目にして知った。
結構不安だったけど無人島よかったな。
インドア派な方もケアンズ行くなら行ってみて下さい。日焼け止めとサングラスなんかあったら良いかもです。
あと酔い止め薬とビーチサンダルも(なんも用意してへんやないかーい)。

a1532741387504s- - コピー

後編に続く……
スポンサーサイト



04:13  |  ブログ運営  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yuruhuwa875.blog.fc2.com/tb.php/1752-e8f587f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |