All archives    Admin

12月≪ 2026年01月 ≫02月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2026'01.12 (Mon)

高慢パティシエ

1月12日に高慢パティシエが発売されます!

高慢パティシエは第2回グループSNEボードゲーム・カードゲームコンテストで、ガーデンゲームズ樫尾忠英が【アドリア海の女王】として応募し、佳作となった作品です。その後、グループSNE様よりディベロップを受け、テーマを一新。
イラスト担当永田愁さんで息を吹き込まれこのたび発売となりました

この高慢パティシエは【デック構築】【競り】というシステムで成り立っています。

ことの始まりは、樫尾さんの一言でした。

『俺、デック構築苦手なんだよね』

数々のジレンマ系ゲームを作りだしてきた樫尾さんの言葉。

『それなら、樫尾さんが遊びたいデック構築ゲームを作れば良いではないですか』

こうしてガーデンゲームズのデック構築ゲーム構想が生まれました。
どうせ作るなら元来のない珍しいしシステムの融合で……
初心者でも差が出ないデック構築を……

この視点から創作したのがこのゲームでした。
コンテストの結果は佳作入賞。そうしてこのたび、アニマルマインドに続いて出版となりました。
グループSNEさまはじめとする関係者の皆様、本当にありがとうございました。

IMG_20171229_175052s-.jpg

イラストは永田愁さん。

花の都パリ、宮廷お抱えのパティシエたちは我こそが一番の名声を得ようと奔走します。
色とりどりのお菓子には流行や人気があります。
流行を把握し、自作のお菓子の価値を上げたり、時にはライバルたちのお菓子の価値を下げ、名誉・名声を得ます。
お菓子作りの背景には富と名声。思考と策略が渦巻いているのです。
あなたは美味く上手くお菓子の人気を操作し、宮廷で一番のパティシエになってください。

IMG_20171229_180614s-.jpg
4名のキャラクター。

IMG_20171229_180125s-.jpg
キャラクターごとにシートがあります。

IMG_20171229_180056s-.jpg
ボード。お菓子の人気度表示とプレイヤーの名誉点表示に用います。



【ゲームの流れ】
IMG_20171230_103220s-.jpg
手番冒頭。共有の山札と1枚の場札、この状態から始まります。

まず場札に1リーブルを載せます。
IMG_20171230_103239s-.jpg

そしてもう一枚山札からめくり、どちらのカードかを取得します(これが自分のデックとなっていきます)。

IMG_20171230_103311s-.jpg
もう1枚がめくられ場札が2枚になりました。ここから1枚を獲得します。

あらかじめ持っている3枚(手札)から実行するカードを選びます。

カードの中には競りをするカードが多数含まれています。競りの仕方は2通りあります。一巡の競り一斉の競りです。カードにより競りの方法は指定されています。

カードでこれを実行し勝利する(落札)と、お菓子をゲットできます。

IMG_20171230_103440s-.jpg
落札したお菓子は画像の赤い楕円のあたり、適当な位置に置いておきましょう。

落札で獲得したお菓子はゲームを進行していくにあたり、【納品】がめくれた時点で決算し得点(名誉点)となります。

IMG_20171230_103543s-.jpg
納品がめくれました!納品カードは山札の中に仕込まれています。

これを繰り返して多くの名誉点を得たプレイヤーの勝利となります。

デック構築型ゲームは初期カード(サプライ)の情報量が多すぎて覚えられず、熟練者が勝利する……なんてのがよくあります。

IMG_20171229_180432s-.jpg
いろいろな種類のカードがあります。

しかし高慢パティシエは2枚の場札の内から1枚を選びデックに加える。それだけなのです。
時には相手を邪魔するカードや市場変動のカードも。
とっても簡単です

高慢パティシエは初心者にも楽しい、読みいあいのデック構築競りゲームです。
インタラクションが薄い?
なんてのは勿論ありません!
バリバリのヒリヒリのお邪魔、思惑、ジレンマ満載(ついでに意地悪)。
是非とも遊んで欲しい……!

発売は1月12日。
ご感想お待ちしています(。>ω<。)ノ
スポンサーサイト
04:53  |  ゲーム紹介  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |