All archives    Admin

10月≪ 2014年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2014'11.28 (Fri)

自宅ゲーム会

寒い。寒くなりました。

自宅でゲームをするにはピッタリな季節そして間もなく、秋のゲームマーケット東京です。
前回にも言いましたが、ガーデンゲームズは今回はお休みです。
私も個人的な諸事情のためちょっとスローペースです。
お料理したり、お絵描きしたり、就職活動しています。
今までは温暖な淡路島で暮らしていましたので、雪やらつんざく寒さには耐性がありません。
ですが冬って嫌いではないですね。イベントが沢山あるし、コートとかブーツとか着て歩くのも好きだし
イルミネーションもあちこちでしているし、鍋も美味しいし。
新婚ですから家族で過ごす冬はとても温かいです。いままで一人暮らしでしたからねえ…

【ケルトダイス】
これは名作です。私の好きなクニツィア先生ですし…。
樫尾さんも倍プッシュなんですけどね、すいません評価は1でした。
理由は
①戦略が分からなかった(のに樫尾さんがアドバイスしてくれた)。
②運が、弱い(これは私のせい笑)
ジレンマがやや少なめの運要素は強め。というところ。
良かったのは運要素が強めのところ。矛盾してるけどな
女性には人気みたいです。まずケルトのボードゲームをすれば良かったかな。
ダイス運が無さ過ぎて勝てないって…子供か!!

DSCF7347s-.jpg

【どうぶつしょうぎ】

みんな大好きどうぶつしょうぎ♪
おうさまライオンつよいぞつよいぞ♪
キリンはまっすぐながいぞながいぞ♪
ぞうはお鼻でずんずんずん♪
ひよこはぴよぴよニワトリだ♪つよいぞつよいぞどうぶつしょうぎ♪
【どうぶつしょうぎの歌  ひろむ作詞】



大ヒット商品です。イオンのおもちゃ屋さんでも見つけましたから。
女流棋士さんが作ったこのどうぶつしょうぎは、子供でもできる将棋がコンセプト。
将棋と違う所は以下のとおり。
 ・駒は1歩ずつしか進めない。
 ・ライオンが入玉したら終了(相手に最終ラインに入られたら負け)
 ・二歩(ヒヨコが縦に二個並ぶ)OK
ルールは簡単ながら熟考しますよ。なのに短時間うっかりやっちまったアブストラクトです。
※アブストラクトとは、運の要素が全くない、盤上に全てのルールがさらされたゲームのこと

私『あ、詰んだ。参りました』

私『……負けました。』

アブストラクトが激弱な私は、何回やっても勝てないのですが。
このゲームはうっかりですぐ終わっちまうってのが良いのでしょうね。

樫尾『もう一回やってみる?』
私『もう樫尾さんとはやりたくないです。』w


【ロスバンディット】
ダイスで役を作って競います。色と、数字で役を作ってお宝を取りましょう。
袋からダイスを二個ひきます、好きな所におけます。むしろ必ず置かなければなりません。
このゲームのクニツィアジレンマはこの必ず置かねばならぬところにあり!

DSCF7353s-.jpg

樫尾さんとプレイしてみたが、強すぎる役を狙うばっかりにおじゃんに…あぁー……
神よ!祝福しろ!!!
あぁー……。
どやがやしている樫尾さんから高得点のお宝がどんどん流れてくる。
勝利宣言・負け宣言が出来る所がバトルラインの要素もあるのだけど、なんせダイスやから
運要素は高め。

樫尾『いやーどうだった?』
私『なんもしてなくて勝った。』

今回はうまくクニツィアジレンマ発動ならずでした。
スポンサーサイト
04:42  |  ボードゲーム交流会  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014'11.22 (Sat)

私ごとですが

お久しぶりです。
最近バタバタしておりました。8年勤めていた会社を退職し、引っ越しをすることになりました。私は京都生まれの京都育ちばりばりの関西弁ですし、粉もん好きで抹茶スイーツ好きの祇園祭って感じです。が、

この度結婚する事になりました。
嫁ぎ先は北関東になります。
関西から関東圏への大移動になります。
はんなりボードゲームはこれからもゆるくふんわりと続けて行きたいと思います。ゲームマーケットのアクセスもしやすくなりますし、今後も広報活動をしていきたいと思っています。
また方々のゲーム会や、ガーデンゲームズ交流会にも参加して行きたいと思います。

これからもはんなりボードゲームをよろしくお願いいたします
04:50  |  ブログ運営  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014'11.15 (Sat)

初めましてのゲーム会 後編

【ワンナイト人狼】
近年の人狼ムーブメントにのっとり、次々と新しい人狼が発売されていますね。しかし人狼は最低9人という人数の壁があり、人見知りの私は気になっていても中々参加出来ませんでした。そこで発売されましたこの『ワンナイト人狼』は通常、昼ラウンド・夜ラウンドが繰り返されて村人と狼が闘うというスタイルではなく、昼ラウンドの一回の会議のみで狼をしょっぴこう!というものです。

DSCF7325s-.jpg

また役職も多彩のために、通常の村人なのに村人の様でない言動をしたりします。司会は参加者の誰かが行うため、今回は経さんがしてくれました。

経さん『さあ、朝になりましたよ。取りあえず、占い師って人いますか?』

私『はいはい!!私!私!占い師です!ほんとです!嘘じゃないです』

経さん『他に占い師って人いるんですか?』

シーン……。

経さん『じゃあ、ひろむさんは誰を占ったんですか?』

ひろむ『経さんを占いました。経さんは村人です。』

樫尾『……。』

ゆーじさん『……………。』

経さん『え~っとですね~人狼ってですね、直接誰かを糾弾するのは難しいんですよね。』

樫尾『そうそう、あんまりしゃべると怪しまれるんだよね。勝ち馬に乗るってのが定石でつまり人狼は必然的にうんぬん…』

ひろむ『よくしゃべりますなぁ~』

樫尾『いやいや、違う違うこれは』

ゆーじさん『…………。』

経さん『喋れるってのは熟練者ですからね~』

ゆーじさん『………。』

樫尾『おれ、泥棒だもん。ひろむちゃんとカード交換したから占い師でしょ。』

経さん『あ、俺トラブルメーカーなんすよ。んでひろむさんと入れ替えたんで』

ゆーじさん『………。』

経さん『兄貴は?』

ゆーじさん『……いや、村人。』

経さん『でもさ~手をトントンするでしょ?利き手でカード交換しません?樫尾さん左手でわざわざひろむさんと交換します?右利きでしょ?』

樫尾『右利きだよ。でも違うって!ほんとだって!』

ゆーじさん『………うん。あやしい』

経さん『じゃ、決まりですね。投票しますよ?』


せーの



人狼は





ゆーじさん!!



てか自分で指さしてるし村人の勝利です。この後、二回したけど樫尾さん全部泥棒だった。

【カタンの開拓者たち】
カタンは前に一回やったことあったのですが、二回目ともなると要領がわかってくるので随分楽に出来ます。

私『7でた。8のとこに置いて。』
ゆーじさん・樫尾『……えー。木、死んだ。』

以降木が量産されず。
街道作れない。開拓地も作れない。発展しない。しゃなし、量産にものいわし貿易する。
泥棒どかない。泥棒さん邪魔やなぁ。

ゆーじさん『これ、追いつけなかったら無理ですか?』
樫尾『そやね……。』

【ごいた】

ごいたは石川県能登半島の伝統ゲームです。最近はこういった古典的なゲームが流行っているようです。
伝統と流行りが合わさる事で、用具もより扱いやすくなり簡易になっていきます。

DSCF7329s-.jpg

こちらも放課後さいころ倶楽部で紹介されていました。ぱっと見は将棋の駒ですがごいた専用の駒は裏がありません。

※将棋駒の歩、香車、桂馬、銀、角、飛車の裏に文字がある。

今回はカードになったものを使用。より使いやすいけれど、雰囲気重視の方は駒もおすすめ。ごいたの醍醐味はチーム戦です。4人対戦で【受け】【攻め】を繰り返して相方か自分のどちらかの手札が無くなれば勝利です。どちらかが無くなればいいのです。

王であがる
飛車であがる
角であがる
金であがる
銀であがる
馬であがる
香であがる
しであがる

上のランクであがるほど高得点となります。下にいくほど枚数が多いのでオープン情報をもとに攻めと受けを推測します。
手軽にぱぱっと出来るのでご家族でもおすすめですよ。

【ツインズ】
クニツィア先生の作品です。先生の大ファンという樫尾さんもこのゲーム知らなかったみたい。

DSCF7336s-.jpg


4ラウンド制です。チップを用いて参加費を払う・脱落というククのような要素があります。
カードは色と数字のペア、さらに数字にも色があるものとないもの、という組み合わせでポーカーのような役を作ります。
これ、貧富の差が激しく出るゲームでして、赤貧になると金持ちがチップでカードを補充しているのを指をくわえて見ているしかありません。資本主義がものをいうのです。ゆーじさんがじゃらじゃらとチップを稼いでおります。金をもつと心が裕福になるのです。あの時のゆーじさんは嬉しそうでしたね。

クニツィア先生のお得意のクニツィアジレンマがじわじわくるのです。若干運要素は強めですが、役を覚えるのに苦労することなくすんなり入ってくるのが先生のゲームのよい所。3人以上ということで、私はあまりやる機会がないと思いますがロスバンディットやバトルラインのような手軽さが良かった。



今回はたくさんゲームが出来て、ガーデンゲームズのテストプレイも行えました。発売されておりますドラコの山分けと他2作、しっかり練ってみなさまにお届けできます様に活動を続けております。いつもゲームをしてくれている経さん、ゆーじさん、ありがとうございました。関西から引っ越してきたばかりで、諸事情などございますがまた一緒にあそんで下さい

また、関東にお住まいの方でテストプレイなどのご協力できます所であれば、今後積極的に参加していきたいと思って
います
04:28  |  ボードゲーム交流会  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014'11.08 (Sat)

はじめましてのゲーム会 前編

こんにちわお久しぶりです。もうすぐ秋のゲームマーケット東京が開催されますね。
ガーデンゲームズは諸事情により、今回はお休みします。

「新作が出来ないんじゃないの?」
「枯れたの?」

とんでもありません!!ガーデンゲームズはこれからも新作をばんばん出して参加していくつもりです。いつも楽しみにして下さっているみなさまに来年春にはまた参加させていただき、ご挨拶に伺いたいと思います。しかしながら、参加しないのはどことなく寂しい…。

さて、秋深まる今日このごろ。以前から樫尾さんと交遊のある経さん、ゆーじさんとゲームをしました。経さんとゆーじさんはご兄弟でボードゲームを楽しんでいらっしゃいます。
私はいつも2人で遊んでいるので、4人でゲームをする機会はとてもありがたいですね♪今回はみなさんのご好意により、簡単めで短時間のゲームをたくさんしてもらいました。みなさんにとっては簡単すぎたかもしれません貴重なお時間ありがとうごさいました。

【ハゲタカのえじき】
わ~これ旧版じゃないっすかぁ!と経さんが言ったように、私も旧版のは見たことがなかったです。超超有名な名作、ハゲタカのえじき。放課後さいころ倶楽部でも紹介されてました。

DSCF7319s-.jpg

知っている方には説明もいらないくらい有名なバッティングゲーム。

※バッティングとはプレイヤーが同時にカードをだし、同じ数字が相殺されてしまうシステム(かぶっちゃやーよ!!)のこと

各プレイヤーには1~15の数字を手札として持っています。
いっせーのせっ!!!
で、手札を出して場札の獲物をとりあいます。
獲物カードには-5から-1、1から10の数字が書いてあります。一番大きな数字をだした人がその獲物をもらいます。
ただし、バッティングするとせっかく大きな数字を出したのに相殺されちゃいますから、ほどほどの数字の頃合いが大事なのです。でかけりいいってもんじゃないのです。女性の胸のようですね。
さらに、-のカードには一番低いカードを提示した人が取らないといけないルールがあります。大きな数字が欲しいばかりに、小さい手札を使わないと-カードを取らされてしまいますよ!!

これぞバッティングゲームの真骨頂。これぞ名作。これがあれば、他のバッティングゲームはいらないのではないのかと目もくらむ程の圧巻の作品だと思います。初心者でボードゲームを始めよう!という方に是非ともお薦めなことは間違いありません。ただし、バッティングのシステムを考えると説明書にある2人は推奨しません。出来てよかった名作。

【クク】
こちらも、以前より私がやりたいやりたいと言っていたゲーム。古典ゲームなのでいろんな会社がいろんなザインで発売しています。

DSCF7322s-.jpg

ノスタルジックな雰囲気がたまりませんよね
このゲームは古典ながら非常に特有なルールがあります。
①プレイヤー反時計回りに手番をこなす(手札を次のプレイヤーと交換していくか、しないのか)
②持っているカードが弱いとチップを支払うorラウンドより脱落するなどの結構強めの制裁
③クク、猫、家、人間、道化には特殊テキストがかいてあり、プレイヤーは強制的にそれに従う

このゲームの勝利条件は、上記の特別なルールを基に『最下位にならないこと』です。
つまり、最下位にさえならなければ勝利なのです。
プレイ人数推奨は5人以上ですが、今回は4人でやりました。

●特殊テキストの説明●
クク(ふくろう)…最強であるが、交換される 『私は全てを明らかにする』
人間…交換しようとすると脱落してしまう   『私に挑むものは全て滅びる』
家…交換しようとすると通りすぎる      『あなたは私を通りすぎる』
馬…交換しようとするとスキップする     『私は跳ねて飛び越える』
猫…交換しようとするとカードの元の持ち主が脱落 『私の呪いはさかのぼる』
道化…最弱。交換を試みたプレイヤーは即負け決定。ただし山札からひいた場合は最も強い。 『私は最も弱く、最も強い』
是非セリフも言いながら遊んでください!照れないで。

ゲームの流れ

親を決めます。
親は各プレイヤーに一枚ずつカードを配ります。カードの情報はクローズです。他のプレイヤーに見えないように!
親は『どうぞ』と反時計回りにプレイヤーに促します。
プレイヤーは手札のカードを交換するか(チェンジ)交換しないか(ノーチェンジ)かを選択します。
一回りしたらその場で最も数字が少ないひとが敗者です。場のチップを総取りした人が次の親です。
手持ちのチップを全て失い、破産になったプレイヤーの出現でゲーム終了です。
(規定ラウンド数で終了にすることもあります)

ククカードの扱い
ククが配られたプレイヤーは任意のタイミングで『クク宣言』が可能です。

例:親『どうぞ』  私『クク━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!』

とまあ、これで私の勝利は確定なのだけど、一度も交換されずに宣言する【どうぞクク】と言われるこの手法は、熟練プレイヤーには芳しくないらしい。美しくククることを推奨されたい。

一度せっかくククを引いたのに、経さんに交換されてククられてしまうという失態をした。アホやった…。
なお、この公式ルール他に【インディアンクク】というバージョンがあるのでそちらも試してもいいかもしれない。
手札カードが自分以外オープン情報である。
これまたククを引いた私が経さんに取られてククられた。

長くなったので、後半につづく。
04:04  |  ボードゲーム交流会  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014'11.01 (Sat)

第5回ボードゲームにいろはにほへとに参加してきました

台風迫る3連休の10月12日、東京立川にありますカフェペンタメローネさんで行われました『第5回 ボードゲームのいろはにほへと』にて、ガーデンゲームズの樫尾が講演会を行いました。

ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。とても有意義なお時間を過ごせ、また今後の励みにして行きたい所存であります。またテストプレイが行われました、11月16日に行われます秋のゲームマーケット東京にご出展の皆様も残る短い期間ではございますが、更にご健闘頂き最後まで頑張って下さい(^ΦωΦ)/
喧嘩読みも受け付けてます


今回ご縁ありました、テストプレイをさせて頂きましたサークルさんのご紹介です。


哀歌FCさん【森のはちゃめちゃ音楽祭】
初出展されるそうです。
tumblr_inline_nddu2k5CMi1t2i7oa.jpg


簡単なバッティングカードゲームです。
バッティングはプレイヤーが一斉に伏せたカードを提示し、せーの!でオープン。かぶっちゃやーよ!てなもんで、絵柄がかぶったらあかん。
バッティングしなかったら定位置につけて、ポイントをもらえます。りんごマークや2枚出しの優位があり、その辺りの独自性を生かした説明書などがあるともっと簡便かと思います。
テーマはお酒を飲みながら遊べるカードゲームだそうです。


たけのこ攻防さん【スチームウォーズ】
テストプレイの用具からすごい凝りようです。2人用アブストラクトゲーム。
アブストラクトは運の要素がない、全ての情報が晒されたいわばガチンコ実力ゲームってところです。ちなみに私は、アブストラクトが超激弱いです。
プレイはしていないのですが、横で見させてもらいました。
感覚はシミュレーションだと思います。ロボットの出現で足場ができて、範囲内には足場が作れなくて、合体して侵入とかそういう感覚は男性には堪らないんじゃないかなー。レーザーカッターを使用されてると言うコンポーネント。アブストラクト好きな機械好きな人、会場で見る価値必見ではないでしょうか?


ビブリオゲームさん【クロノスレコード】
こちらは前回の春に出展された作品で秋は出ないのかな??これも横で見学。
まず驚いたのは、用具とルールのオリジナリティです。私が審査員ならゲームマーケット大賞に1票入れる。(後に樫尾さんにバインダータイプのゲームを見せてもらったが、これはまた別物)でファイルバインダーにカードを差し込み、サイコロの出目でされる時代(バインダーのページ)をめくり、得点計算。
私はこういうテキストが沢山書いてあるゲームは食わず嫌い的なものがあるんやけど、このゲームの良いところは点数計算が簡単でかつ覚えられる範囲のテキストであること。またルールが程よい運要素であることです。キャラクターの拡張カードもあるみたいで、唯一残念なのは3人専用です。個人的に2~4人で遊ぶ事が多いのですがたまには良いのかなと。
04:42  |  ボードゲーム交流会  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |